読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『マンガでよくわかる 教える技術』で教わることいっぱい。

『マンガでよくわかる 教える技術』の内容を実践してみたら自分の周りの環境が少しいい方向に動きました。たくさんの人に知ってもらいたいと思ったのでブログにまとめます。

『マンガでよくわかる 教える技術』のプロローグ。

  

 この作品は石田淳(いしだじゅん)氏の著書『教える技術』を漫画にしたものです。漫画で表現することでより広く、多くの人にわかりやすく内容を伝えています。

 

 

 職場で部下を持つリーダーや上司の立場にある人向けの本です。

 

 

 

【プロローグ】

 

 神吉が店長を務める衣料品店で、ある日突然バイトが辞めてしまいます。急に1人欠けて店内は大慌て。忙しい中で思うように動いてくれないスタッフに神吉は頭を抱えてしまいます。

 閉店後、デスクワーク中にエリアマネージャーの糸数が店にやってきます。糸数に営業成績の不振を指摘され、さらに気落ちしてしまいます。

 

 翌日、神吉は早朝ランニングに出かけ、ランニング中によく出会う男性に仕事の悩みを打ち明けました。

 

 

 男性は言います。

 

 

 神吉の問題でもスタッフの問題でもなく、正しい「教え方」を知らないだけ、と。

 

 

 その他にも、【成果は行動の集積である】【「教える」とは望ましい行動を身につけさせることである】など、人の行動に焦点を当てた「行動科学マネジメント」を紹介します。

 

 

 藁にもすがる思いだった神吉は、男性から「教える技術」についての教えを乞うのでした。

 

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan で試し読みできます。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。(^^)

 

  ↓   ↓   ↓

 

 eBookJapan で無料で試し読む!