読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『マンガでよくわかる 教える技術』で教わることいっぱい。

『マンガでよくわかる 教える技術』の内容を実践してみたら自分の周りの環境が少しいい方向に動きました。たくさんの人に知ってもらいたいと思ったのでブログにまとめます。

『マンガでよくわかる 教える技術』の第1話

マンガでよくわかる教える技術

  

 この作品は石田淳(いしだじゅん)氏の著書『教える技術』を漫画にしたものです。漫画で表現することでより広く、多くの人にわかりやすく内容を伝えています。

 

 

 職場で部下を持つリーダーや上司の立場にある人向けの本です。

 

 

 

【第1話】

 

 一緒にランニンングしながら、神吉は男性から「教える技術」を学びます。

 

 

 神吉は男性を "師匠" と仰ぎ、気合も十分です。 

 

 

 "師匠" は初めに、「理解」と「実践」は別物であると説きます。

 

 

 やるべきこと、やったほうがいいことは頭で分かっていても、なかなか行動に移せないというのはよくあることです。

 

 

 「やる気」に左右されない行動を促すためには、上司のサポートが不可欠です。

 

 

 そもそも「教える」とは、

 望ましい行動をできるようにすること

 であり、また、

 間違った行動を正しい行動に変えること

 を言います。

 

 

 

 そのためには、教える内容を整理しておく必要があります。

 

 

 まず、教える内容を「知識」「技術」に分けます。知識とは、聞かれたら答えられることであり、技術とは、やろうとすればできることです。

 

 次に、成果を上げている人の行動から「成果につながる行動」を見つけます。

 

 

 そしてそれをチェックリストにまとめておけば、新しい人を指導する時にも応用が利きます。

 

 

 

 

 神吉は "師匠" から他にも色々と学び、それをさっそく実践。中途社員の乙葉成雪と積極的にコミュニケーションを進めます。

 

 

 中途社員は他の職場での知識・経験を持っています。

 

 

 (1)「知っていること・知らないこと」「できること・できないこと」を把握し、(2) 行動の優先・劣後を明確にし、(3) 相談相手としても尊重し、中途社員ならではのアイディアを活かします。

 

 

 部下の行動に着目し、成果を上げている人の行動と部下の行動を比べ、不足しているものが「教えるべき行動」といえます。そしてそれを積極的に行動に移してもらうためには、上司との信頼関係が重要になります。

 

 

 神吉は乙葉と語り合い、信頼関係を築いていくのでした。

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan で試し読みできます。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。(^^)

 

  ↓   ↓   ↓

 

 eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

『マンガでよくわかる 教える技術』のプロローグ。

マンガでよくわかる教える技術

  

 この作品は石田淳(いしだじゅん)氏の著書『教える技術』を漫画にしたものです。漫画で表現することでより広く、多くの人にわかりやすく内容を伝えています。

 

 

 職場で部下を持つリーダーや上司の立場にある人向けの本です。

 

 

 

【プロローグ】

 

 神吉が店長を務める衣料品店で、ある日突然バイトが辞めてしまいます。急に1人欠けて店内は大慌て。忙しい中で思うように動いてくれないスタッフに神吉は頭を抱えてしまいます。

 閉店後、デスクワーク中にエリアマネージャーの糸数が店にやってきます。糸数に営業成績の不振を指摘され、さらに気落ちしてしまいます。

 

 翌日、神吉は早朝ランニングに出かけ、ランニング中によく出会う男性に仕事の悩みを打ち明けました。

 

 

 男性は言います。

 

 

 神吉の問題でもスタッフの問題でもなく、正しい「教え方」を知らないだけ、と。

 

 

 その他にも、【成果は行動の集積である】【「教える」とは望ましい行動を身につけさせることである】など、人の行動に焦点を当てた「行動科学マネジメント」を紹介します。

 

 

 藁にもすがる思いだった神吉は、男性から「教える技術」についての教えを乞うのでした。

 

 

 

 

 こちらの作品は eBookJapan で試し読みできます。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。(^^)

 

  ↓   ↓   ↓

 

 eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

『マンガでよくわかる 教える技術』で登場する人。

マンガでよくわかる教える技術

  

 この作品は石田淳(いしだじゅん)氏の著書『教える技術』を漫画にしたものです。漫画で表現することでより広く、多くの人にわかりやすく内容を伝えています。

 

 

 職場で部下を持つリーダーや上司の立場にある人向けの本です。

 

 

 漫画では、行動科学マネジメントをどのように活用するのかを、指導・育成の対象となる人のタイプ別にまとめてあります。

 

 

 

 神吉 凛(かみよし りん)

 主人公。カジュアル衣料品店の新米店長で、一緒に働く中途社員、外国人アルバイト、新人アルバイの指導に頭を悩ませています。

 

 

 乙葉 成雪(おとわ なりゆき) 

 衣料品店の中途社員。別のアパレルショップからの転職。

 

 

 アルピヨール・パピヨン

 外国からの留学生。アルバイトとして働く。

 

 

 小森 茉莉(こもり まつり)

 専門学校生の新人アルバイト。

 

 

 糸数 和彩(いとかず かずさ)

 神吉の上司。神吉の務める衣料品店を管轄するエリアマネージャー。

 

 

 近藤 悠人(こんどう ゆうと)

 神吉がランニング途中で出会った男性。神吉に仕事のアドバイスをする。

 

 

 

 以上の6人がメインキャラクターです。一癖も二癖もあるメンバーを相手に、神吉凛が近藤の言葉をヒントにして衣料品店を盛り上げていきます。その姿は、部下や後輩の指導に悩む上司や先輩の立場にいる人にとって得るものがあるのではないかと思います。

 

 こちらの作品は eBookJapan で試し読みできます。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。(^^)

 

  ↓   ↓   ↓

 

 eBookJapan で無料で試し読む!

 

 

 

『マンガでよくわかる 教える技術』で教わることいっぱい。

マンガでよくわかる教える技術

 

 こちらは 石田淳(いしだじゅん)氏の著書『教える技術』を漫画にしたものです。漫画で表現することでより広く、多くの人にわかりやすく内容を伝えています。

 

 

 職場で部下を持つリーダーや上司の立場にある人向けの本です。

 

 

 "教える技術" の元になっているのは 行動科学マネジメント。

 

 

 根性論ではなく、「行動」に着目した指導や育成を行う科学的な手法であり、いつ、誰が、どこで行っても効果が上げることができるとしています。

 

 

 ただ、現場を潤滑に回すには、相手の立場や特徴に合わせた配慮も必要です。相手への敬意を忘れず、部下それぞれの「行動」に焦点を当てて指導・育成するのが目指すべきリーダー像だといえます。

 

 

 漫画は複数の章に分け、相手のタイプ別に配慮ポイントがまとめられています。

 

 

 部下の指導に悩むビジネスマン、部活の後輩の指導を考える部長や先輩の方は、この本を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

  ↓   ↓   ↓

 

 eBookJapan で無料で試し読む!